賃貸の部屋を借りる時と更新や退去時に掛かる費用はどのくらいなの?

賃貸の部屋を借りる時に掛かる費用

賃貸の部屋を借りる時に掛かる費用は、一般的には敷金や礼金、前家賃、不動産会社に支払う仲介手数料などになります。

敷金や礼金は、家賃をベースにして1か月分や2か月分になるのが一般的で、家賃が10万円、敷金および礼金が家賃の2ヶ月分になっていれば、これらの費用は総額40万円になるわけです。

敷金は退去する時の部屋の修繕費用として使われるお金で、部屋をきれいに使っていれば、ハウスクリーニングなどの費用だけで済むため、敷金の一部が返却されるケースもあります。

礼金は、大家さんに対しお礼として支払うお金で、大家さんの中には礼金を取らないケースもあります。

不動産会社に支払う手数料は家賃の1か月分が上限になっているのですが、宣伝広告費などを節約できる物件の場合、仲介手数料が半額になるケースやゼロになるケースもあります。

仲介手数料がゼロでも不動産会社は儲かるの?

仲介手数料がゼロと言う事は、不動産会社の利益がゼロになりますよね。

しかし、仲介手数料は賃貸の部屋を借りる側だけではなく、貸す側からも取る事が出来る手数料です。

大家さんから貰った仲介手数料だけで賃貸の部屋を紹介出来る場合には、手数料ゼロで部屋を借りる事も出来るのです。

更新は2年毎が一般的です

賃貸契約は2年間の有効期間になっているケースが大半を占めています。

そのため、契約更新を行う場合には2年毎に家賃1か月分の更新料を支払う必要になるわけです。

退去時に掛かる費用は、部屋をきれいに使っているのであれば、特別お金を支払う必要はありません。

しかし、長年住み続けていると室内が汚れてしまうなどで、入居前に支払っている敷金だけでは不足になるケースもあるので、賃貸の部屋を借りた時にはきれいに使うようにしましょう。

菊水の賃貸の契約プランの選び方にこだわりがあれば、定期的に見学会などに参加をしつつ、人気の高い物件のメリットを確認することがポイントです。