競売よりもお得な任意売却とはいったい何か

任意売却の特徴と何か

住宅ローンなどが支払えない場合には、住宅を競売しなければなりません。住宅を競売する場合は強制的に売却をされるだけでなく、相場の半分程度でしか売却することができないため十分なお金が手に入るわけではありません。その結果、債権者に対して十分にお金を支払えるわけではなく借金が残ってしまう可能性が高くなります。そこで任意売却を行うことにより、相場に近い金額で売却をすることができるだけでなく、自分の意志で売却することができるため満足感が違います。相場に近い金額で売却することができれば、債権者に対して十分なお金を返済することができる可能性が高いです。

どのような流れで任意売却をするのか

ではいったいどのような場面で任意売却をしたらよいのでしょうか。任意売却の流れやそのタイミングですが、まずは任意売却をする場合は競売する前に行わなければいけません。もし差し押さえされた後競売が始まってしまったら売却をすることができなくなってしまいます。もう少し正確に言うと、開札される前に任意売却を決定するべきです。そのため、差し押さえを受けたときに、急いで任意売却をする準備を始める必要があります。任意売却をするときには、不動産会社に依頼し保証会社を決定します。保証会社が競売される予定の住宅を買い取ってくれます。買い取った段階で、抵当権は消滅するため競売される可能性はなくなります。その後債務者は保証会社にお金を支払う必要がありますが、その点保証会社によっては柔軟に対応してくれるところがありますので安心です。

任意売却の手続きの取り方をすぐにマスターするうえで、信頼度の高い不動産会社に対応を依頼することが肝心です。