賃貸物件探しで気をつける3つの注意点とは!?

現地待ち合わせで不動産屋を見定める

インターネット経由で賃貸情報をいつでも閲覧出来るので、気に入った部屋があればすぐに内見予約が可能です。しかし、問い合わせた段階では空室があっても、実際に不動産屋を訪れると成約してしまったという理由から見せてもらえず、別の物件を案内されることが珍しくありません。実は、最初から存在しない釣り物件が、今でも掲載されていることがあるからです。現地待ち合わせ出来ない不動産屋を相手にしなければ、釣り物件を出す不動産屋を避けられます。

内見は1箇所のみとする

不動産屋側が良く使うテクニックを知っておけば、騙されることなく冷静な部屋選びが出来るでしょう。内見予約をする時には、3箇所連れて行かれることがよくあります。イマイチな部屋と素晴らしいけれども高い部屋、そして勧めたい部屋の3つを見せられると、予算内で中程度な部屋を選んでしまう心理を利用したものです。最初から内見は1箇所と宣言してしまえば、余計な部屋を見せられることが無いので、冷静に申し込みをすべき部屋か判断出来るでしょう。

サブリースには近付かない

見た目の綺麗さから、サブリース物件に手を出してしまう人が後を絶たない状況です。オーナーと不動産屋の間で行われている賃貸借契約が前提として存在し、不動産屋が借りた部屋を又貸ししてもらう契約がサブリースと知っていて契約する人が少ない状況が問題となっています。オーナーへ直接電話しないように不動産屋から言われた場合には、又貸し契約と考えておくと良いでしょう。余程の事情が無い限りは、転貸契約は入居者にとって著しく不利な契約ですから、手を出さないことが無難です。

札幌市中央区の賃貸はアクセスが良く、自然もあり子育てにも恵まれた環境です。比較的賃料が安価のため、おすすめです。