亡くなってからでは遅い!相続税対策は事前に準備!

現金を生命保険にして節税をする

一般的に、生命保険は万が一亡くなったときを想定して加入します。まだ資産がない時、亡くなれば残された家族が路頭に迷います。生命保険に入っていれば、資産が無くても保険から給付があってそれで家族は生活ができます。ただ、それ以外にも生命保険は利用できます。それは相続税対策です。もし現金資産があるなら、それを生命保険にしておきます。払い済み保険なら、一気に現金から生命保険に資産を移せます。相続を受けるときには一定の控除がありますが、生命保険を利用すると、現金などとは別の控除が受けられます。法定相続人に500万円をかけた金額を非課税にできます。現金のままなら受けられません。若い時に入っていなくても、中高年で加入しても適用されます。

生前贈与を行うと相続税を減らせる

資産を子どもに残せば、子供の生活が楽になります。資産は大きければ大きいほどより資産を生み出しますから、何もしないでいるとさらに資産が膨らむかもしれません。すると子供が困る可能性があります。特に不動産で多くの相続を受けると、相続税はかかるが支払うお金がない状態になります。不動産を売却したり、物納しないといけなくなります。それを防ぐために、生前贈与しておく方法があります。1年間に110万円までの贈与は非課税になります。この仕組みを利用して、毎年110万円までの贈与をしておきます。相続財産を減らせるので、その分相続税も減らせます。注意として、亡くなる直前に贈与した部分は生前贈与に該当できません。対策は早めにしておきましょう。

相続税対策を行うことにより、相続人の間でのトラブルのリスクを最小限に抑えられるというメリットがあります。