礼金の支払い!?地域によって違う賃貸物件の風習

賃貸物件では敷金の支払いは一般的

賃貸物件を借りるにも地方によって特徴があります。賃貸物件を借りる際には前家賃を支払うのは当然のことですが、それ以外に敷金を支払います。その敷金は万が一借りている人が家賃の支払いが滞る状況になった場合に家賃に充当します。またそのようなことなく退去に至った場合に、部屋の原状復帰の修繕費用に充当します。修繕費用を確実に負担してもらうためにも有効な手段になります。

資金計画がくるってくることもある

しかし本州の方ではそれ以外に入居時に礼金や権利金という支払いが必要になるところもあります。北海道ではそのような風習がないために北海道出身の人が本州に引越して賃貸物件を借りる際には驚くことがありますし、資金計画がくるってしまうことにもなります。逆に本州から北海道に引越してきた人は、賃貸に際し礼金等が必要なく準備する資金が少なくて済むため驚かれる人も多いです。

地域の特性を事前に調べておく

このように賃貸物件を借りるにしても地域によって必要な費用があります。その価格も賃料の1カ月分とか数か月分になることもあり、賃貸に際し必要な資金も大きく変わってきます。そのため引越しをして地方で賃貸物件を借りる機会がある場合には、事前にその地域で賃貸物件を借りる際に必要な費用等を確認しておくことが大切になります。そしてそのような本州では一般的である礼金等の支払いといった風習を北海道でも導入する仲介業者も多くなってきています。特に全国展開をしている賃貸業者では導入しているところが多いです。

新札幌の賃貸は、新札幌エリアの賃貸アパートや賃貸マンションです。近年において一層の注目を集めています。