信頼できる不動産屋探しから始めよう!?見つからなかったら大家から直接借りる

最初の問い合わせで分かる不動産屋の特徴

不動産屋を通して賃貸借契約をしなければならないという決まりはありません。しかし、不動産屋にはインターネットに流通していない非公開物件を扱っているので、割安な部屋を探すためには一定の距離を保って利用することも必要です。人となりが分からない不動産屋を利用する際には、初回は現地待ち合わせで内見予約すると良いでしょう。インターネット掲載していながら、部屋の内見を現地待ち合わせで断る場合には、掲載されている部屋は存在しないからです。

避けたい物件を知っておけば手間が省ける

賃貸物件を探す時に、最初から地雷だと分かっている部屋を避けるだけでも、時間と手間の節約になります。1年で出るつもりならば、適当に選んで終わりにしても構いませんが、長く住むことを考えるとハイリスクな物件を避けると良いでしょう。避けたい部屋の特徴として、サブリース・プロパンガス・保証会社利用必須の3つを覚えておくだけでも、優良物件が含まれる部屋を見せてもらえる可能性が上がります。

大家との直接契約が最安値

部屋探しに疲れてしまった際は、大家が直接入居者募集をしているサイトを覗いてみると良いです。今まで不満に思ってきた点を内見時に直接大家と話すことで、共感を得られることも多いでしょう。大家は多額の広告料に悩まされ、入居者は保証人を立てられるのに保証会社利用を強制されるなどの経験をしていることがあります。互いに離した上で納得出来れば、条件交渉も含めた腹を割って話す機会が得られるので、互いに納得してから賃貸借契約を結べば優良物件となります。

バスセンター前の賃貸物件というのは、その名の通り物件の前にバス停がある状態です。通勤する際に買い物に出るには非常に便利です。