オーナーのやる気が見える部屋を見つけたら内見してみよう!?

不動産屋で見せられる部屋情報は現状優先です

インターネット経由でも賃貸物件探しが出来るようになったので、地域相場をある程度把握することが出来るようになりました。しかし、インターネットに掲載されている部屋情報は、全賃貸物件の一部に過ぎないことを知っておく必要があります。全てのチャネルを使って入居者を募集する流通物件は、不人気物件が集まったものですから、実際に割安な部屋は地域相場よりも安いと考えられるでしょう。部屋情報が正しいとは限らず、内見をする時には物件情報通りになっているか確認しなければなりません。不動産業界では、部屋の内見時に現状優先するという考え方があり、一般市民の考え方とは乖離している事実を認識しておかないと足をすくわれてしまうでしょう。方角すら正しいとは限らないわけです。

オーナーのやる気が垣間見える部屋は優良物件

キャンペーン情報を掲載している賃貸物件は、資金の出所を確認しておく必要があります。不動産屋がオーナーから出る広告料の一部を原資として展開しているキャンペーンの場合、オーナーは事情を知りません。物件管理を徹底していて、オーナーが直接入居者を募集している部屋ならば、入居者獲得に対してやる気が見えるでしょう。全てを不動産屋任せとしていない部屋ならば、リフォーム時にしっかりと設備点検も行っていると考えられます。入居者募集を自ら行なうと、内見案内もオーナー自身が行なうことになるので、オーナーの人となりを知る良い機会となるでしょう。不動産屋だけでなく、オーナーが直接入居者を募集している場合には、オーナーに直接連絡して内見依頼をしてみると良いです。

琴似の賃貸物件をお探しなら不動産の住宅サイトを御覧になってみてはいかがでしょうか。それぞれの予算に合ったお部屋が紹介されています。